ビクトリア州からのお客様

2018年7月18日

今日は愛知県庁に、ビクトリア州財務大臣のティム・バラス氏がお見えになりました。他にアリソン・・カリー首席補佐官、アダム・カニーンビクトリア州政府駐日大使、デイビッド・マーティン財務金融省長官が同行されました。 

 

 

愛知県とビクトリア州は1980年に友好締結しており、1年ごとにお互いの訪問団を送り交流しています。今年の去る2月には、私も自民党県議員団団長として、峰野副議長、新政あいちの中村団長、公明党の小島団長と共に愛知県議会を代表し、メルボルンのビクトリア州に訪問してまいりました。

 

我々訪問団が伺った時には、ブルース・アトキンス上院議長やコリン・ブルックス下院議長にお会いしたので、その時の写真を見せると「二人をよく知っている。」と笑顔で答えてくださいました。この訪問は、経済や産業、教育や文化などの相互交流が行われ、良好な日豪関係の構築に役立っています。

 

ただ残念なのは、セントレアからオーストラリアへの直行便がないこと。それがお互いの共通認識で、ぜひ復活させるよう努力をしたいと約束しました。今年の猛暑について、「日本の夏は温かい」とジョークも言われるほどにこやかで楽しい対談となりました。その後の日程もあるため、「どうぞお体を大切に」とお見送りさせて頂きました。